同じペアでも

黒鳥は水面下でバタ足 > 独り言 > 同じペアでも

同じペアでも

2014年8月11日(月曜日) テーマ:独り言

「スプレッド」とは外為は通貨を売買の注文をして儲けを上げる投資です。

取引の値段は、常時上下しています。

それが為替相場です。

 

ラジオを聞いていると、外貨のマーケットの話題が流れるケースがあります。

http://santaka69.hatenablog.com/

見かけるのが、「本日のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。

 

言い換えると、買値と売値の2個の価格が存在するのです。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX取引会社も存在しています。

 

平常時には売値のほうが買値よりも低く設定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差をスプレッドといい、FX会社の収益といわれています。

 

スプレッドの幅はFX会社によって異なります。

 

スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので小さいFX会社をセレクトするほうが優位です。

 

ただ、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドは変わります。

 

仮定としていつもは円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの差でも為替相場の変化がとても激しい場合には3銭、4銭になったりするのです。

 

そういう訳で、スプレッドが狭いのと共に、固定しているのが重要です。

 

この頃では決まったスプレッドの広さを表示する取引業者もいろいろ存在します。

 

現実に取引業者の取引画面内で実際の相場をチェックしなければ評価できないので億劫ですが、とても大切なことです。

大切な資金を預けてエントリーしますのでエントリーの前に気になるFX取引会社の取引するための口座開設を積極的にして提示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。

 

同じペアでも、その時点の為替の状態によって通貨ペアのスプレッドの幅は変化します。

普通は、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭く、別のペアではスプレッドの広さが広がるのが一般的です。

 



関連記事

マイナスをなくす

マイナスをなくす

2014年8月12日(火曜日)

同じペアでも

同じペアでも

2014年8月11日(月曜日)

 iphoneの通信が急に遅くなる

iphoneの通信が急に遅くなる

2014年8月11日(月曜日)

FX市場の盛り上がり

FX市場の盛り上がり

2014年8月 8日(金曜日)